腱鞘炎

  1. 親指の付け根が痛みだした
  2. スマホやパソコンを長時間使うと痛みが出る
  3. ものをつかみづらい
  4. 重たいものを持とうとすると痛みがでてくる
  5. 手に衝撃が加わると痛みが起きる

腱鞘炎について

腱鞘炎とは?

「なんとなく親指に痛みを感じる」

「重いものが持ちづらくなった」

「親指を思い通りに動かせなくなった」

というような症状を日常生活で感じたことはありませんか?

 

そんな症状を感じたあなたは「腱鞘炎」かもしれません。

腱鞘炎とは、別名『ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)』と言われています。ドケルバン病は、親指を広げたり伸ばしたりする働きをする腱が、それを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症します。

進行していくと指がはれたり、熱を持ったりという症状が出てき始め最悪の場合、親指がスムーズに動かせなくなってしまいます。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の原因は、その人の生活スタイルによって様々考えられますが、「オーバーユース(使い過ぎ)」が原因といえるでしょう。

近年の社会のインターネット化によるスマホ・パソコンの多使用もまた腱鞘炎で悩まれる方の増加につながっていることでしょう。

 

極論、手を全く使わなかったら腱鞘炎の症状はなくなります。しかし、再び手を使ったときには同じような症状が現れるでしょう。

!!なぜなら!!

腱鞘炎の根本的な原因は「姿勢不良」にあるからです。

腱鞘炎で悩まれている方は「猫背姿勢」も同時に併発してしまっているケースが多々あります。

 

猫背姿勢のまま生活してしまうと肩甲骨が外に広がりっぱなしになってしまい動きが硬くなります。

腕や肩の可動域にも制限をかけてしまい、その悪くなった動きを補う「手首」に余計な負担がかかり腱鞘炎を引き起こしてしまうというわけです。

当院の腱鞘炎の治療

腱鞘炎のメカニズム、猫背姿勢や骨盤の歪みがあると結果的に腱鞘炎を引き起こすということはご理解いただけましたか?

 

当院では、手首の痛み自体を解消する治療(テーピング療法やハイボルテージ療法・手技)を優先的に行いながら、根本的な原因となっている「猫背の矯正」「骨盤の歪みの矯正」にもアプローチをしていきます。

一度腱鞘炎になってしまった方は、”姿勢矯正で身体のバランスを整え、身体の使い方が上手にならない限りは再び”腱鞘炎にかかってしまうリスクが高くなります。

 

「知らないうちに痛みがなくなった!」

「我慢できるくらいの痛みだしほっとこう!」

ではいけません。

痛み0のお身体、痛みが出にくいお身体を一緒に作っていきましょう!

まずは、一度当院にご相談ください。

皆様のご来院心よりお待ちしております。