五十肩

  1. 肩が痛くて夜も眠れない
  2. 最近、腕が上がりづらくなってきた
  3. 肩を回すとゴリゴリ音が響く
  4. 肩の痛みのせいで仕事に集中できない
  5. 病院に通っても良くならない

五十肩について

五十肩とは?

五十肩は、肩関節の周りの軟部組織や骨組織になにかしらの変性が起こり、その変性によって生じた炎症によって痛みのことです。

 

正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれます。

40代、50代が好発年齢となっているため、「四十肩」「五十肩」といった別名で呼ばれることもあります。

※年齢の違いによって呼び方が違うだけで、症状は同じです。

五十肩の痛みの変化

五十肩は発症の推移によって2期に分類されます。

 

①急性期

発症から約2週間は急性期に分類されます。

運動時痛に加えて安静時痛や夜間痛が起こり、徐々に肩関節の動きが制限されていきます。急激な痛みは数日で治まることがほとんどですが、肩甲背部や腕にまで痛みが及び、夜眠れずに大変な思いをされている方もいます。

 

②慢性期

激しい痛みの急性期が治まると、慢性期へと移行していきます。

激しい刺すような痛みから、鈍く重い痛みに変化することが特徴で、この時期からどんどん関節周囲の組織は変性し、癒着が起こり動きに制限がかかります。

 

四十肩や五十肩は組織の変性によって起こるため肩こりとは全くの別物です。
”肩こりとの判別が回復へのカギ”となるでしょう。

五十肩の根本的原因

ずばり「姿勢」「筋肉」です。

 

四十肩や五十肩は、基本的に肩のこりを揉むだけでは完治しません。

揉まれた後少し症状が軽減するのは、一時的に筋肉が柔らかさを持ち血流がよくなるためであって、肩関節の周りの組織が変性(硬化)する原因である姿勢不良を改善しない限りは、また元の痛みのある状態に戻ってしまいます。

五十肩になりやすい人の特徴

「五十肩と病院で診断された」「最近、肩が上がりづらいから五十肩なのかもしれない」というような方は、次の2つのパターンどちらかに該当していることが多いです。

①猫背姿勢・巻き肩

猫背姿勢や巻き肩のせいで元から肩関節に制限をかけて長年生活してしまうと、関節内組織の動きが硬くなり、ついには炎症を起こしてしまいます。この炎症が五十肩のきっかけとなる原因です。

 

②肩こりを長年放置している

肩こりを長年放置してしまうと、筋肉が硬く縮こまってしまい肩関節の動きに制限がかかり始めます。その結果、関節内組織の動きが硬くなり、炎症を起こしてしまいます。この炎症が五十肩のきっかけとなる原因です。

当院の五十肩の治療

当院では、肩の痛みを含め全身のチェックを行い、五十肩の根本的原因になっている”不良姿勢”にアプローチすることで回復を促します。

当院の「骨格矯正」はソフトで身体に負担の少ないため痛みに敏感な方・老若男女問わず治療を受けていただけます。

 

!!痛いところだけが悪いだけではありません!!

そのため、痛みが出ているところを揉みほぐしたり、物理療法をしたりしても、根本的に回復することはないでしょう。

骨格の歪みを整えて全身を整えてあげることで、”痛みの解消””痛みの出にくい身体づくり”をしていきましょう!

五十肩でお困りの方、あらゆる治療法を試しても効果が実感できない方は是非当院にご相談ください!