りら~っくす できてますか??

2019-01-20

朝起きた時が一番身体が辛い方

 

多いですねぇ。

 

夜寝る前に辛いのはわかります。

1日身体を使ってるわけですから。

疲れてても何の違和感もありませんよね。

 

ただ朝辛いっていうのはどうかと思いませんか?

 

一晩寝て、しっかり休んで、さぁ今から1日が始まるぞ!って時に

身体が辛い

っていうのは、、、

しかも寝る前より辛い、動きにくい

と。。。

 

 

夜寝る時はそうでもなかったのに

朝起きると調子が悪い

 

てことは

 

夜➡️朝

 

ここで何か起こってないと

おかしいですよね。

 

でも寝てるだけですからねぇ。

 

 

そうなんです。寝てるだけなんです。

 

実は

 

『寝てる』

 

と一言で言いましても

 

いろんな『寝てる』

 

があるんですね。

 

細かいことは抜きにしましょう。

 

単純に言うと

 

『リラックス』

 

できてるか

できてないか

なんです。

 

『リラックス』と聞くと

心が安らぐ

とか

気持ちが穏やか

とか

精神的に安定してる

とか

そんな感じですよね。

 

でもそんなメンタルの話なんかどうだっていいんです。

メンタルはスピリチュアルな本を読むとか

α波がどーとかそれ系の音楽でも聴いてれば

どーにかなるでしょう。

 

しかしここでいう『リラックス』とは

 

心ではなく

 

筋肉なんです!

 

 

朝起きて身体が辛い方は

まぁ皆さん筋肉が固い!

まぁー固い!

ただ固いだけじゃないんです。

ただ筋肉が固いだけの方ならそこらじゅうにいますよ。

そこらじゅうの方みんなが朝起きた時が一番身体が辛いわけないですよね?

ただ筋肉が固いだけじゃそんなことは起きません。

 

じゃあその違いは何かというと

 

筋肉の固さが

 

『姿勢に影響を及ぼしているかどうか』

 

なんです。

 

一般的に

座る

寝る

リラックスしてる姿勢として捉えられます。

そうであるべきです。

 

立ってたら疲れますよね?

長時間のデスクワークなんかは別にして

座ってて疲れるイメージってあまりありませんよね。

寝てて疲れるイメージはもっとないんじゃないでしょうか。

 

そうであるべきだと思います、理想は。

 

でも

身体の筋肉が固くなり

それが姿勢にまで影響を及ぼすと

 

座ってる、寝てるという体勢で

リラックスすることができなくなります。

 

寝る時に横になりリラックスしてるつもりでも

身体の特定の筋肉に

無意識に力が入り

歪んだ姿勢を支えているのです。

 

そんな状態で一晩過ごして

翌朝前日の疲れが取れてるわけがありません。

 

忙しいときこそよく休め

 

よくできた言葉です。

しかし休めばいいってもんじゃありません。

 

休める状態で休まなければ

休んでるつもりで休めておらず

身体は疲弊していくばっかりです。

 

筋肉をほぐしましょう。

姿勢を整えましょう。

そして

ゆっくり休みましょう。

 

良い朝が迎えれるはずです。


本院(桂院)
西陣院
梅津院

ページの先頭へ
本院(桂院)西陣院梅津院