大事にすること

2018-04-16

最近は外を歩けば整骨院、たくさんありますね。

本当に多いですよね。

新しい整骨院ができてると、やっぱり同業だからか、すぐ気づくんですよね。

でも増えてるのには気づくんですけど、なくなったのにはあんまり気づかないんですよね。

なくなってないのかな??

増えるだけで減ってないのかな??

まぁなんにせよ増えてますね、整骨院。

当たり前ですけど整骨院が増えるってことはライバルが増えるってことなんですよね。

てことは負けてられないわけですよ、僕らも。

患者さん一人一人を取り合いしなきゃならないわけですよ。

なんてことを当たり前に思いがちなんですが、、、。

 

ちょっと話は変わって、

 

この間、僕が欲しいものがあって、インターネットでそれがどこのお店で取り扱ってるか調べたんです。

すぐに見つかったのですぐお店に電話して店員さんに聞いたんです。

在庫ありますか?って。

そしたら

 

店員さん『すいません、ただいまそちらの商品は当店では在庫を切らしてまして、、、。取り寄せることは可能ですが、2~3日かかりますね。』

 

僕『あ、そうなんですか、(すぐ欲しいので)じゃあ結構です。』

って言おうとしたら

 

店員さん『あ、でも○○○ってお店にならたぶんあるかも知れません!私この間その商品見た気がします!一度そちらに行かれてみてはどうですか?』

って。

 

僕『あ、○○○ってお店は同じ系列のお店なんですか?』

店員さん『いえ、全く(笑)。』

って。

 

 

コレ、すごくないですか!?

 

自分とこのお店で買ってもらった方がお店の利益になるのに、全く別のお店を紹介するなんて!!

しかも紹介してくれたそのお店は業種的に明らかにこの店員さんのお店とはライバル店なんですね。。。

 

この店員さんが僕に、自分達のお店のライバル店を紹介したという対応が、お店から雇われている社員として正解かどうかはわかりませんが、

僕はすごく嬉しかったし、すごく助かりました。

 

この店員さんは、お店の利益をあげることより、少しでもお客さんの力になることを大事にしているんですね。

 

僕は今回は紹介していただいたお店に行きましたが、今度その店員さんのお店に行ってみようと思います。

こんな素晴らしい店員さんのいるお店はきっとイイお店な気がします。

 

 

とまぁ、話がぶっ飛びましたが、、、

要は何が言いたいかといいますと、

 

大事にしなくちゃいけないのは

院の利益

より

患者さん自身

ということですね。

 

どう頑張ってもうちの整骨院では治せない症状を、利益を上げる為に、上手いこと言って通っていただくなんてことは絶対にやってはいけませんし、当然やりません。

 

ライバル店であろうが異業種であろうが患者さんにとって、その症状にとって、一番楽になってもらえるような場所を、院を、お店を、紹介させていただきます。

 

うちの院ではそう対応させていただくことが正解です。

 

そして少しでもうちで治療させていただくことで改善する見込みがあれば、全力で治療させていただきます!!

 

どんな症状でも診させていただきます。

そして、治療させていてただける症状か、そうでないのか、しっかり判断して、対応させていただきます。

 

ですので

 

安心してきむら鍼灸整骨院へいらしてください😊

l

 


本院(桂院)
西陣院
梅津院

ページの先頭へ
本院(桂院)西陣院梅津院