針と鍼

2018-04-10

先日、患者様から「鍼」と「針」の違いは何か、とご質問をいただいたのですが、こう思われた方は少なからずおられるのではないんかなぁ、と思ったので書かさせていただきます。

 

大雑把に言うと両方とも同じ意味です(笑)

 

ですが、今現在の日本では治療用の「はり」は「鍼」という漢字に統一されており、日本鍼灸師会や全日本鍼灸マッサージ師会でも公式文書上、「鍼」で統一されています。
なので「鍼」と書いた時には、治療の「はり」のことを指し、「針」と書いた時はその他の、縫い針や注射針などの針のことを指します。

 

 

しかし、中国では「針」という字で統一されています。(実際は簡体字を使用するみたいです)

なので「はりきゅう」も、日本では「鍼灸」、中国では「針灸」と表記されます。

 

一般の方(特に鍼灸治療をしたことのない方)にとってみれば、「鍼」も「針」も、「はり」にはかわりないので、ゴッチャになっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 


本院(桂院)
西陣院
梅津院

ページの先頭へ
本院(桂院)西陣院梅津院