テーピング

2017-03-17

皆さん、こんにちは!梅津院の松山です。

WBCも代表の連勝で盛り上がって来ましたね。直前の壮行試合の時は、どうなる事かと思いましたが日本代表も頑張り、準決勝まで駒を進めましたね。中には、身体の不調や痛みなど抱えながらテーピングなどを施して出場している選手もいるはずです。
今日は、テーピングに関して簡単にお話をさせて頂きます。

テーピングと言うと、ホワイトテープで関節など固定する事などを思い浮かべますが、今回は、キネシオテープと言う伸縮性のある特殊なテープの説明をさせていただきます。

キネシオテープの伸縮率は筋肉(皮膚)のそれと同じ30~40%に設計されていますので、別名「人工筋肉テープ。
キネシオテープは貼る事によって一種のマッサージ効果が生まれ、血液の循環が良くなり、痛みの軽減や、治癒のスピードアップに役立ちます。
ホワイトテープや通常の伸縮性テープなどと違って、障害部位を固定することを目的としていない特殊なテープと言えます。
キネシオテープは、筋肉を伸ばした状態でテープを貼って、普通の状態に戻した時に、テープにたくさんのシワがよります、その際にテープによって持ち上げられた皮膚の下にリンパ液や血液の流れるスペースが作られます。その結果溜まっていた血液、リンパ液の流れが改善され、症状の緩和や改善を促すことが出来るテープです。

当院でも取り扱っていますので、施術の際に必要があれば御提案もさせて頂いております。
また、御希望がありましたらテーピングもさせて頂きますので、施術の際にお申し付け下さい。


本院(桂院)
西陣院
梅津院

ページの先頭へ
本院(桂院)西陣院梅津院