骨盤の歪みが気になる方

2018-10-22

骨盤は体を支える中心部分で、

膀胱や子宮を囲う形で形成されています。

 

長時間のディスクワーク

カバンを片方の肩にかける、

足を組むなど、

生活の中の様々な原因で骨盤に歪みが生じます。

骨盤を支える筋肉の低下や、
出産なども
原因の一つになる事もあります。
その歪みが
足の血液循環を悪くさせる事により
むくみ冷え などの症状が現れます。
さらに腰痛や肩凝りにも
繋がってしまいます。
まずはご自身の骨盤が
どれだけ歪んでいるのかを
チェックしてみましょう。
仰向けに寝転がり、
体の力を抜いて
足のつま先の開いている角度を見てみましょう。
基本的には外に45度ぐらい
開いているものです。
これが内に入り気味であったり、
外に開きすぎていたり、
左右不対象であれば
骨盤に歪みが生じています。
もう一つチェック方法は
目を閉じて、その場で30秒足踏みをします。
最初の位置からズレが大きいと、
骨盤の歪みが生じている可能性が高いです。
これらの歪みは放っておくと
どんどん歪んでいってしまいます。
最近では骨盤を整える健康グッズが多く出ていたりしますが、
それだけで整わないケースが多くあります。
骨盤の歪みは治療に時間がかかります。
早いうちの治療をオススメします。
分からない事や、
相談などありましたら、
きむら鍼灸整骨院までお問い合わせください。