はり・お灸

はり・お灸は



で診療しています。


身体のバランスを整え、自然治癒力を高め本来の機能回復を図ります。


病院にかかるほどでもないけど、なんだか体調がすぐれず不安という、病気の手前の未病で悩む方が多くおられます。
鍼灸治療はそうした方に気(エネルギー)や血を体中にめぐらし、人間が本来持っている自然治癒力をよび覚まし強い身体を作ります。

東洋医学では、体内のエネルギーが循環する道筋を『経絡』と呼び、病気になるとこの経絡に異常が生じます。
その中で特に反応が強い場所が「経穴(けいけつ)」いわゆる『つぼ』なのです。

経絡の病的状態を「脈診」で診断して必要なつぼに鍼やお灸で適度な刺激を与え、経絡を調整し、体のバランスを整えます。また、症状に応じ対症療法的な治療で緊急の痛みを取り除いたりする治療方法を用います。

こんなことでお困りではないですか。
・以前はそうでもなかったのに、最近よく胃がもたれる。
・すぐに風邪をひいたり、膀胱炎に年に数回なってしまう。
・原因不明の偏頭痛に悩まされている。
・生理痛がつらい。
・眠りが浅く、よく寝たつもりでもなんだか寝不足気味。
・下痢と便秘を繰り返し困っています。
・肌がくすみ白髪も増え、年寄のように老けて見られるので若返りたい。
・子供の疳が強く、風邪も引きやすく心配が絶えない。

痛くない、熱くない、安心・安全な鍼灸治療


鍼は、髪の毛ほどの非常に細いステンレス鍼を用います。

また、完全滅菌済み(エチレンオキサイドガス処理)で使い捨ての鍼を用いますので、安心して治療を受けて頂けます。

スムーズに入るよう専用の管を使い、鍼をソフトに刺入しますので、痛みを感じることはほとんどありません。

赤ちゃんや小さなお子様にも安心な刺さない鍼

鍼を刺すのではなく、へらのような鍼で皮膚を摩擦したりして刺激する、赤ちゃんにも使える「刺さない鍼」も数種類ご用意しています。
お子様の症状も、お母様に詳しくご説明させて頂きますのでご安心下さい。

もぐさを用いたお灸

お灸には身体の腫れや痛みなどの症状をおさえる効果があります。また、血行改善や自律神経の働きを整え、内臓や他の身体の各部の働きを良くすることができます。
お灸はもぐさを用い、火を緩和しながらすばやく取り除くので、熱さはほとんど感じません。
せんねん灸タイプのお灸を使うこともあります。

鍼灸治療は患者さまの症状を伺い、治療について丁寧に説明させて頂きますので、ご安心してお受けください。

安心して治療を受けて頂くための5つの問診

当院では、鍼灸治療の方針を立てるため5つの問診を行っています。

望診ぼうしん
顔色や皮膚の色、体形や姿勢など視覚的に得られる情報から身体の状態を把握します。
聞診ぶんしん
患者さんの発する音声と気味(におい)など、耳や鼻で感じられる情報から身体の状態を把握します。
問診もんしん
主訴の状態(発症時期、原因、経過など)を中心に、既往歴、随伴症状、ライフスタイルなどの情報をお聞きし、身体の状態を把握します。
切診せっしん
手で撫でたり圧したりして筋肉や皮膚の状態を診たり、冷えや熱感などを診て 身体の状態を把握します。
脈の状態を診る「脈診」もします。
舌診ぜっしん
舌の色と舌苔(苔の付き方)を見て、五臓六腑の状態を確認します。

鍼灸師は幅広い知識が求められる国家資格

鍼灸師になるためには3年間専門学校で学び、国家資格を得ることが必要です。

その課程では、東洋医学だけでなく、解剖や生理、病理や臨床医学論、そして身体の成り立ちから感染症、西洋医学的治療論まで、多岐に渡る知識を習得します。
当院の鍼灸師ももちろんこうした資格を持ち、その上で、患者さま一人ひとりの症状をしっかりと伺い、安心して治療を受けて頂きます。

料金

ポイント鍼 全身鍼
500円~ 2,500円

本院(桂院)
西陣院
梅津院

ページの先頭へ
本院(桂院)西陣院梅津院